〜より健康に、美しくあれ〜

おすすめサプリレビュー

酵素 酵素サプリメント 飲み方

酵素を多く含む食材とオススメの摂取方法!!生酵素サプリが手軽です♪

更新日:

「食品を通して健康になる」という類の話を聞いているとよく出てくるのが「酵素」の話題です。

しかし、酵素というのは身体によさそうだということはわかっても、

・どんな食材にたくさん含まれているの?
・どうやって摂ったらいいの?

とわからないこともたくさんです。

そこでここでは、

・酵素を多く含む食材
・おすすめの摂取方法

を紹介していきます。

▼生酵素サプリで気軽に酵素を♪▼
生酵素おすすめサプリランキング

参考生酵素サプリおすすめランキング

そもそも酵素とは何か?

まず最初にそもそも「酵素とは何か」ということから解説します。

酵素とは

酵素とは身体の中で起こっているいろいろな化学反応を触媒するタンパク質の仲間です。

体内に3000種類以上あると言われています。

つまりいくら栄養価が高い食品を食べても、酵素がなければそれは身体を動かすエネルギーにもならなければ、身体を成長させる細胞にもならないのです。

その酵素には2種類あります。

1つは食べ物に含まれる食物酵素。

2つめは身体に存在する潜在酵素です。

そして潜在酵素は、胃腸で消化を促進する「消化酵素」と、細胞を増やしたりエネルギーを産生する「代謝酵素」に分かれます。

このそれぞれを以下に説明していきましょう。

消化酵素は消化のために食物を分解している

消化酵素とは、胃腸の中で栄養成分を分解し、胃壁から吸収しやすい形にしている酵素です。

・デンプンを分解するアミラーゼ
・タンパク質を分解するペプシン
・脂肪を分解するリパーゼ

などが代表的です。

代謝酵素は生命活動を支えているスーパー酵素

代謝酵素は、言ってみれば人間が栄養素を使って、生き、成長するすべての体内活動を支えています。

たとえば、

・タンパク質を合成して肉体を成長させる
・エネルギーを産生して心臓をはじめとする肉体を稼働させる
・肝臓や腎臓で体内の有害物質の解毒する

などです。

食物酵素は「消化酵素」、「代謝酵素」が体外にある場合の形です。

ですからそれを食べ物によって摂取すると、あるものは人間の消化酵素になり、あるものは人間の代謝酵素になります。

不足した酵素は食べ物で補おう

しかし体内の潜在酵素は加齢とともに減少していきます。それにはどう対処したらよいのでしょうか。

食物酵素で潜在酵素をサポートしよう

人間は加齢すると体内のあらゆる成分が枯渇してきます。

ホルモンもそうですし、神経伝達物質もそうです。

その中に酵素もあります。

従って年齢を重ねるにつれ、栄養成分を消化できなくなり、消化してもそれをエネルギーに変えたり、細胞に変えたりできなくなります。

そして身体は栄養不足、代謝不良、解毒作用の低下などの不調を起こすようになります。

年を取って体調が悪くなる原因の一端はここにあります。

そのようなことを防ぐには、減っていく酵素を食品に含まれる食物酵素で補う必要があります。

上で書いたように、食物酵素は体内に入って潜在酵素と同じ働きをします。

したがって、食物による酵素補給を積極的に行えば、身体の不調が最低限に抑えられます。

たとえばアミラーゼ不足は大根やカブを食べると補充できます。

食物酵素が多く入っている食物は、大きく分類すると2つあります。

1つは、「生」の食べ物全てです。

したがって、野菜、野菜、果物、生肉、生魚などにはすべて食物酵素が入っています。

そしてもう1つ多くの食物酵素が含まれる食品は、味噌、納豆、ぬか漬け、キムチなどの「発酵食品」です。

消化酵素を補える食材とは

その食物酵素の中で、特に体内で消化酵素になる食材には以下のようなものがあります。

【タンパク質分解酵素=「プロテアーゼ」の多い食品】
麹、納豆、塩辛、パイナップル、パパイヤ、いちじく、キウイ、プルーン、りんご、ゴーヤ、メロン、玉ねぎ

【でんぷん分解酵素=「アミラーゼ」の多い食品】
大根、キャベツ、山芋、カブ、バナナ、生姜、キウイ、パプリカ、梨

【脂肪分解酵素=リパーゼの多い食品】
納豆、味噌、漬物、甘酒、チーズ、アボカド、イチゴ、オレンジ、スイカ、グレープフルーツ、大根、にんじん、ほうれん草、セロリ、トマト、ズッキーニ

代謝酵素を直接補える食材は存在しない

では代謝酵素を直接補える食材はなにかというと、これが実はないのです。

正確に言うと存在しませんが、食材によって補うことはできるのです。

この一見矛盾するメカニズムは以下のようなことがあって成立します。

実は消化酵素も代謝酵素も、初めは同じ潜在酵素の形で体内には存在しています。

そして身体の状況に応じて、その一部が消化酵素になり、一部が代謝酵素になります。

ですから、消化の悪いものを食べたり、加齢によって消化機能が落ちると、より潜在酵素から消化酵素に回る部分が増えていきます。

すると、必然的に代謝酵素の原料がなくなるのです。

これを逆に言えば、食物酵素によって消化酵素を補ってやれば、潜在酵素から消化酵素に回す分が減ります。

したがって、代謝酵素に回す分が増え体内の代謝酵素が増えるのです。

つまり、食物酵素によって消化酵素を補えば、結果的に代謝酵素も増えるのです。

食品で酵素を摂取の方法と注意点とは

ではその食物酵素を食材で摂取する方法とその注意点とは何でしょうか。

加熱して食べないこと

まず1番重要なのは、生で食べること、つまり加熱しないこと、です。

酵素は実は非常に酵素は熱に弱く、48℃以上に熱されただけでほとんどが破壊されてしまうのです。

従って、食材で酵素を体内に届けるならば、

生野菜、フレッシュな果物、刺身などの生魚、ユッケ

などの生肉を食べることが必要です。

したがって、料理としては、果物なら、

・そのまま食べる
・ヨーグルトなどに入れて食べる
・フルーツサラダなどにする

という食べ方がよいでしょう。

例えばレシピをご紹介するなら以下のようになります。

【簡単フルーツサラダ】
・材料 バナナ2 キウイ2 いちご5 マンゴー1 シナモンパウダーお好みで 砂糖大さじ1
・作り方 すべてをボウルに入れて混ぜ合わせるだけです

【フルーツのヨーグルトサラダ】
・食材 キウイ1 オレンジ1 砂糖お好みで オリーブオイルお好みで シナモンパウダー小さじ1 ヨーグルト大さじ2〜3
・作り方 1 キウイとオレンジは皮を剥き、一口大に切る 2 フルーツをボウルに入れ、ヨーグルト、シナモンパウダーを入れて混ぜる 3 オリーブオイル、砂糖をかける

【メロンの皮の浅漬け】
・食材 メロンの皮お好みで 塩少々
・作り方 1 メロンの皮を剥き、一口大に切る 2 ジップロックに入れて塩水に浸ける 3 1日ほどでできあがり

そのほかには、酢が酵素の働きを活性化しますので、生野菜を酢に漬けたピクルスなどは最強の食品です。

あるいは、酵素は細胞の内外にあるので、そのまま食べると細胞外の酵素しか補給できません。

その点、細胞内の酵素まで摂取するには、すりおろせばOKです。

ですから、

・生大根よりは大根おろしのほうがよい
・山芋短冊よりはとろろのほうがよい

ということになります。

あるいは、玉ねぎをすりおろしてドレッシングにしたり、果物をミキサーなどでスムージーにしてもよいでしょう。

また加熱してはいけないことは発酵食品の場合も同様です。

納豆はそのまま食べれば、酵素が補充できますが、味噌汁の具にして、熱々にしてすれば酵素は死んでしまいます。

そもそも味噌汁の味噌も発酵食品ですが、味噌汁で摂取しようとしたら、47℃以下のぬるい調理でしか食べられません

料理をする時間が取れない時はどうするのか

しかし勤めていたり、家事が忙しかったりすると、なかなかそのように注意深く調理をする時間がとりにくいというのも現実です。

そういう場合は、

・納豆だけ掻きこむ、バナナを1本食べる
・レタスをちぎって既製品のドレッシングをかけて食べる

などで対応するしかありませんが、それでは量も食べられませんし、何より飽きてしまいます。

ではどうしたらよいのでしょうか。その解答は「サプリメントで摂る」ということです。

▼生酵素サプリで気軽に酵素を♪▼
生酵素おすすめサプリランキング

参考生酵素サプリおすすめランキング

手軽に摂取するなら生酵素アプリという方法も

自分の中の足りない栄養素をサプリメントで補っている人は多いかもしれません。

実はこの酵素不足もサプリメントで補うことが可能です。

しかしほかのサプリなら何も考えず、その成分が入っている市販のサプリを飲めば済みます。

しかし、酵素の場合は1つ注意点があるのです。

「生」ではない酵素サプリは「加熱」酵素サプリ

それは同じ酵素サプリでも

「生酵素サプリ」を摂取しなければ意味がない

ということです。

世の中にはサプリメントが山のように販売されていて、酵素サプリも例外ではありません。

しかしほとんど酵素サプリは、酵素をカプセルやタブレットに閉じ込めるために、高温高圧という加熱処理をしています。

そうすることで、加工もしやすくなり、賞味期限も長期で設定できるのです。

更には、高温高圧の製造方法は大量生産が可能で低コストなので、サプリメーカーでは経営上当たり前の製造方法なのです。

従って、あえて「生」を歌っていない酵素サプリはほぼ100%高温高圧製法による「加熱酵素」を配合したサプリだと思って間違いないでしょう。

生酵素サプリは非加熱処理

しかし上で何度も書いたように、酵素は47度以上になると死にます。

したがって高温高圧で加熱処理をされて配合されている酵素は実は「死んでいる」酵素なのです。

ですから、そのよう酵素サプリは、確かに「死んだ」酵素は入っているもの、酵素を補充する効果はほぼ0%なのです。

ではどうしたらよいのかというと「生」酵素サプリを選択することです。

これは「生」とあえて言っているくらいですから、非加熱処理か47℃以下の以下の環境で製造されているサプリです。

なので、製品化されたときに酵素として「生きている」のです。

さらに生野菜で酵素を摂ろうとすると、たとえばレタス1個丸ごとを毎回食べる必要があります。

しかしそれは非現実的です。

その点生酵素サプリなら、酵素を抽出精製していますから、規定量飲むだけで同じだけの酵素が摂取できるのです。

ですからサプリで酵素を手軽に、そして十分に補充したいと思うのであれば、必ず「生酵素サプリ」を選びましょう。

▼生酵素サプリで気軽に酵素を♪▼
生酵素おすすめサプリランキング

参考生酵素サプリおすすめランキング

酵素ドリンクも加熱処理が法律で定められているルール

そこでよく間違えるのが、ドリンクタイプが酵素ジュースです。

酵素ドリンクには酵素がほとんど入っていません。

ジュースなので「生」という印象があり、選択肢に入ってしまいがちですが、それは大きな間違いです。

なぜかというと、酵素ドリンクは清涼飲料水に分類されます。

そして清涼飲料水は、厚生労働省が定める食品衛生法によって、65℃で30分加熱して殺菌しなければ販売できないのです。

つまり酵素ドリンクに入っている酵素はすべて加熱処理をされて「死んでいる」酵素なのです。

ですから、酵素ドリンクも何らかの方法で「生」を実現しているもの以外は、効果がありませんので注意しましょう。

まとめ

・酵素は人間の生命維持活動にとって非常に重要である
・しかし不足するので食材で補う必要がある
・その際には生か47℃以下の低温で調理したものしか効果はない
・酵素を摂るなら生酵素サプリがおすすめ

まとめるとこんな感じです。

「最近疲れが取れない」
「身体の調子が悪い」

そんな人はぜひ生酵素サプリで、手軽にそして大量の酵素を摂取しましょう。

▼生酵素サプリで気軽に酵素を♪▼
生酵素おすすめサプリランキング

参考生酵素サプリおすすめランキング

-酵素, 酵素サプリメント, 飲み方

Copyright© おすすめサプリレビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.